おつまみ|チダイの中華あんかけ

 チダイにももちろん旬がありますが、捕れることは年中捕れる魚です。ただ、旬の時期は捕れた地方でかなり違うと言われてます

で、今日はチダイと呼ばれる鯛の仲間を使った一皿です。一般的に言う鯛(真鯛)の稚魚ではありません。

40年位前にお寿司屋さんで「かすご(小さなチダイの事」を握ってもらった事が有るのですが、その時の寿司屋のオヤジさんが鯛の子供だと言っていた・・・

今日はこのチダイを蒸して中華風の味付けのあんかけで一皿です

チダイの栄養成分

※下記栄養成分は私が薬膳料理の勉強したときのメモからです。後日医学的に変更があった場合は申し訳ございません

チダイは真鯛と比べるとカロリーがかなり少ない魚です。鯛に共通している事は良質のタンパク質を豊富に含みます、これは体調維持の体力向上 免疫力アップにつながると言われております。そして脂肪が少なくカロリーも低めと言うのも特徴の一つです

蒸し鯛

半額で250円・・・これは刺身では食べません

包丁が入ってますが、これはスーパーで漬けてあったものです

塩焼き用に飾ったものだと思います
鯛

下味はしっかりと塩です

テレビで天然塩は体に良いと言ったので買った?

何で買ったのか覚えてませんがハイカラな塩のようです

( ´艸`)ハイカラなんて今言わないですね

鯛に塩

今回は10分くらいおいてみました

塩をふった鯛

海苔巻きに使う巻きす仕様で蒸します

フライパンの中に巻きす

大きさ的にもぴったりです

牟田をして蒸します

巻きす蒸し器

蒸し時間、正確な時間は計っておりませんでした、

10分で蓋を取って見て+気持ち・・・

蒸しあがった鯛

中華あんかけを作ります

材料は、エリンギ、生キクラゲです

生キクラゲは夏が旨いと言われてますが

栽培物は通年有ります

材料

中華っぽくごま油で炒めます

ごま油で炒める

青いネギを取り除き中華系調味料で味付け、

そして水溶き片栗粉でとろみをつけます。ネギの白い部分を投入

味付けてとろみをつける

中華あんかけを蒸しあがった鯛にのせて完成

チダイを崩しながら一杯 😋

蒸し鯛