酢〆の鰺の握り

   鰺は焼いても刺身にしても旨い肴ですね~ 刺身でも、わさび、ネギ生姜、酢等々いろいろ使えます。和だけではなく、カルパッチョ的なイタリアン風も有りです。

鰺はかなり前から養殖物が普通にあり、よく見る居酒屋さんや和食系の水槽で泳いでいる鰺がそうです。大型のシマアジ等は別ですが、水槽の鰺でも新鮮な鰺は歯ごたえも有り美味しいです。泳いでいる魚系を料理してすぐに食べて😋と感じるのはイカと鰺のような気がします。鯛とかブリはちょい日にちを置いた方が旨いかもです。(一般的には〆て血抜き後)

鰺の栄養成分

※下記栄養成分は私が薬膳料理の勉強したときのメモからです。後日医学的に変更があった場合は申し訳ございません

アジ・・・タンパク質はサンマやイワシよりも多く、アジに含まれている良質なタンパク質(アミノ酸)は、体力向上、代謝活動の促進、疲労回復に役立ちます。また、脂質が少なく消化吸収が良いのも特徴の一つと言えます。脂質が少ないことからダイエット、肥満抑制にもつながるという考え方も有ります

酢〆の鰺の握り

ギザギザの部分を包丁を浮かせるように尾から滑らせて取ります

一の画像

これは小鯵の〆た時のものですが一緒です

塩を振って15分くらい放置です。小鯵は半分以下です

身にも塩

水洗い(流水で塩を流します)

分かりにくいのでボールに入れてあります

水洗い

しっかり水を落とします

水を切る

これはお酢です。お酢は表面が白くなってきたらOK

または塩をふっておいた時間の半分弱か三分の一くらいです

お酢につける

ザルに入れてお酢を切ります

ザルに並べて酢を切ります

小骨を取ります

アジの骨抜き画像

皮をひいてザルにのせて両面塩をふります。10分から15分で水洗いです

お酢に5~7分ですが、大きさや脂にもよるので時間は時々で違います

お酢に入れる時間は塩の3分の一から半分の時間が目安で良いと思います

皮をひく

酢〆の鰺の握り